薄毛になってしまう原因

薄毛になってしまう原因は様々です。ストレスの多い生活を送っていたり、食生活が乱れていたり、睡眠時間が不規則であったりなど、日常生活においてこれらの要因が考えられます。

 

これらは全て頭皮の環境を悪化させてしまうことになるため、薄毛の原因になるのです。

薄毛になってしまう原因

ストレスの多い生活を送ってしまうと、ストレスにより興奮させられた神経を鎮めるために、ビタミンが多く使用されてしまいます。ビタミンは頭皮の細胞の新陳代謝にも使用されます。そのためビタミンが不足してしまうと、頭皮の細胞の新陳代謝が上手く行われなくなってしまい、どんどん老化してしまうことになるのです。
ストレスが多い生活を送っていると薄毛になってしまうのは、興奮した神経を鎮めるためにたくさんのビタミンが使用されてしまうことになり、頭皮の環境を整えるために必要なビタミンの量が不足してしまうからなのです。

 

食生活が乱れていると、薄毛になってしまいます。これは髪の毛もたんぱく質で出来ているために、たんぱく質が不足すると健康な髪の毛が生えなくなってしまうのです。またたんぱく質を代謝するために、ビタミンとミネラルも必要になります。そのため食事においては、たんぱく質をしっかりとり、そして野菜からビタミンとミネラルを摂取する必要があるのです。

 

不規則な睡眠も薄毛の原因になります。頭皮の細胞は睡眠中に回復するために、良質な睡眠を取れない場合には、いつまでも細胞の回復が行われないために、薄毛になってしまうのです。