AGAの内容と治療法

AGAとは男性ホルモンのテストステロンが還元酵素によりDHTという物質に変換された事による症状であり、男性型脱毛症とも呼ばれています。
DHTにより薄毛が進行する理由は、皮脂の分泌量を増加させるという作用によるものです。皮脂は毛根を塞いでしまうので、頭髪は成長する事が出来なくなり短い状態で抜けてしまうようになります。

AGAの内容と治療法

 

DHTが生産されている限り、皮脂の分泌量は過剰な状態のままです。毛根は皮脂に塞がれたままであり、やがて機能しなくなります。毛根が機能しないという事は、新しい頭髪が作りだせなくなるという事です。テストステロンを変換する還元酵素は2種類あり、額から頭頂部にかけての毛乳頭に存在している種類がAGAに関係していると考えられています。このために、この部分の頭髪が薄毛となるという事がこの症状の特徴です。

 

現在行われているAGA治療は、額から頭頂部にかけて存在している還元酵素の働きを制限するという作用を持つ内服薬の使用です。DHTの生産を防止する事により、皮脂の分泌量を正常な状態に戻します。毛根が塞がれる事がなくなるので、頭髪は正常な状態に回復するという事になります。

 

この内服薬の効果は医学的にも認められており、世界中で利用されています。ただし、毛根や頭髪に直接作用するのではないので、機能を喪失してしまった毛根を再生する効果はありません。薄毛となってから10年以上経過した場合は効果が発揮されない可能性があるので、早い段階での使用が必要となります。